必要なデータはファイル共有が便利|クラウドのメリット

記事リスト

災害時に社員の安否を確認

社内

低コストで一定の機能

日本は地震大国といわれ、歴史においても大きな地震の記録があります。さらに近年にも都市部や地方などで地震が起きていて、その時には企業活動が停止するなどの問題が出てきます。地震は予測が難しく、起きてから対応していては復旧までに非常に時間がかかってしまいます。地震のメカニズムからすると将来的にも大きな地震が発生する可能性があるとされ、それぞれの企業はその時に備えて一定の準備をしておく必要があります。災害時の企業の対応としてBCPがあります。事業を継続していけるかどうかの計画です。その中でも重要になるのが社員の安否確認です。コンピュータ化が進んでいると言っても、コンピュータが自動的に企業を運営してくれるわけではありません。安否確認を行った上で将来の活動計画を立てていきます。そのためのシステムがいくつかの会社から出されています。セキュリティ会社として知られている会社の安否確認システムでは、初期費用、毎月の固定費用、一人あたりにかかる費用構成で、100人規模なら月額10万円ぐらいで導入ができます。その他の安否確認では、50人ごとに料金プランが設定されていて、50人増えるごとに1箇月の料金が5千円ずつアップする仕組みになっています。機能としては、災害が発生した時にまず運営会社から管理者に連絡が行きます。さらに各社員に対して確認メールやSNSによる情報発信を行います。確認が取れた人の情報をまとめてさらに管理者に連絡するようになっています。

Copyright© 2018 必要なデータはファイル共有が便利|クラウドのメリット All Rights Reserved.